勇気の灯

教育、アドラー、読書レビュー。自分も他人も勇気づける。

新卒2年目の私が研究授業に見出した価値

f:id:threepocari:20170603081323j:plain

研究授業に対し、現場では若手が率先して引き受ける空気があるかと思います。

意欲をもち、進んで研究授業を引き受ける方もいれば、流されるままに…という方もいますよね。

 

そんな方々にまずは一言、

おつかれさまです!!!!

 

現場2年目の私も現在、全校研究授業を引き受けています(国語の授業)。

昨年も行い、自分の学びになったので今年も引き受けさせていただきました。

ですが正直、若い体力のある今でなければ体調を壊すような勤務時間を過ごしています…。このままではマズい…。

若手教師の中には、同士もけっこういるのではないでしょうか。

お互い心の体調に気を付けていきましょう(こういうフレーズ、よくかけられるけどどうしようもないですよね笑)

 

さて、引き受けた以上、一生懸命考えに考えた指導案を検討してもらうことでしょう。そして、、、

 

切られる(ズバっと指摘される)!!!

 

さらに、、、

 

自分の考えていた「やりたい授業」から離れていく!!!(こともある)

 

検討してもらうことは本当にありがたいことです。

授業者のために同僚の先生方が多くの時間を使ってくれています。

研究会を通して他の先生方との関係もできてきました。

切られても、愛だと信じて受け止めています。

 

しかし、誰のための研究授業かなと思うのです。

多くの先生方が私のために時間を割いてくれています。

指導案をビシバシ見てくださいます。

ありがたいです。授業もきっと、よくなっていると思います。

先生方の目線からすると。

 

子どもの目線からするとどうなのだろう。

一斉指導の形式をした授業を勧められます。

他者との交流の時間が5分もない授業です。

「学び合う」ことに重点が置かれている研究テーマなのに、です。

 

一斉指導の中で、「教師が子どもの意見を結びつけることが大事」と指導されます。

その通りです。大事なのは分かります。

ですが一斉指導の中で教師が介入して関わらせることには限界があると思っています。

ある子が意見を言っているときは参加するけれど、ほかの子が言っているときには参加していない児童が必ずいるはずです。もぐらたたきのようなイメージです。

 

子どもの学びに向かう本来の姿って、全員が座って前を向いて、流れ通りに進行していくものではなく、友達と話し合いながら、ときには関係ないことに話題がそれたりもしながら、考えて、学んで、新たな発見をしていくものだと思うのです。

「Aさんの意見と同じ人?」「どこが同じだった?」「じゃあ次はこの意見についてどうかな?」という流れで座ったまま何十分もすることに違和感を覚えてしまうのです。

 

どうも、全員が学びを楽しんでいるイメージがわかないのです。

 

 

スッキリしない状態で研究授業を迎えようとしています。

しかし、研究授業で最も価値があるのは、

クラスの子ども達が、先生もチャレンジしているんだ!と感じることにあると思います。

子ども達に、先生がチャレンジしている姿を見せる!

私の姿から子ども達に何か伝わったらいいなと考えると、モチベーションが上がります。

 

研究授業で悩んでいる同士の皆様

授業内容だけではなく、教師の姿からも子ども達に影響があると思います。

どれほど研究授業が思い通りにいかなくても、

教師がチャレンジしている時点でものすごく価値があると思います!

研究会を重ねていく中で、自分の「本当に大切にしたいこと」を見失わないように頑張りましょう。

 

この悩みも、すべては私の勉強不足。

悩みを記述しておき、いつか伝える側になったときのために書き出しておきます。

自分が伝える側になったときは、若手にわかりやすく愛を伝えたいなあ。

 

ついに完成!ビーイング!!

 

運動会が終わり、クラスみんなの目指す共通の目標意識が薄くなります。

これを機に「ビーイング」を作りました。

私のクラスでのビーイング」の意義は、「クラス目標を達成するために大切にしたいこと・具体的な行動」を明らかにすることです。

 

まずはクラス目標の話からしたいと思います。

4月に決めたクラス目標、たつきやなえ』

f:id:threepocari:20170604103227j:plain

この目標は、4年1組号の目指すゴールです(船員が児童、船はクラス)。

子どもにもそう伝えてあります。

この目標には、3月に、4年1組のみんなが「楽しく」「つながる」「協力・決めたことはやる」「優しく」「仲良く」「笑顔」という姿になるぞ!の願いが込められています。

 

クラス目標のデザインも子どもから募集し、話し合って決定しました。

そして、クラス目標作成作業。

子ども達一人一人が紙を切る係、のりをつけて運ぶ係、貼る係に分かれ、全員参加で作業をしました。その日の振り返りジャーナルには「みんなで一つのものを作るっていいね!」という嬉しいお言葉が…!ほかにも「このクラスのこれからにワクワクしています」という希望に満ちた言葉まで!!

 

と、まあここまではよかったのですが、

いまひとつクラス目標と運動会を連動させることができないまま月日が過ぎました。

抽象的なクラス目標のままだとこういうところが難しい…。

 

本日、クラス目標を決めた日と作った日の振り返りジャーナルを読み返しました。

(ジャーナル、こういうときに本当に役に立ちます!!)

あの日のワクワクを思い出してから、ビーイングの作成に入りました。

できたビーイングがこちらです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

f:id:threepocari:20170531230203j:plain

大切にしたいこと・具体的行動として、

「全員が参加する」「一緒に学びあう」「ふわふわことばがあふれるクラス」

「全員が笑顔」などの意見が出ました(「一緒に」系がすごく多かった)。

子ども達の結びつきが強い。しかし、結果を求める気持ちは弱い。

これから先、「僕たちもっとやれるよ!」と壁を破る瞬間が現れるようアドベンチャーを繰り返していきたいな。

 

今はまだ、生まれたてのビーイング

これからさまざまなアドベンチャーを通して、振り返りながら、

クラスみんなで育てていきたいと思います。

ビーイングの振り返りについて詳しく載っている書籍があれば参考にしたいなあ。

子どもを問題児にしているのは、教師の心

昨日、運動会が終わりました。

昨年は2年生、今年は4年生ということで、新卒二年目にして2回表現運動を主として経験させていただきました。

その中での気づいたことを記述していきます。

 

『子どもを問題児にしているのは教師の心』

 

二年間の表現運動で、このことを強く感じました。

子供は「ダンスが楽しい!」という気もちを強く持っています。

新しい振付を覚えて、曲に合わせて動く瞬間は盛り上がりますね。

そのため、テンションが上がり、教師の言葉が聞けない瞬間があります。

 

それに対して「いちいち喋らない」「次に進めないでしょう」と怒鳴り続けていた一年目。一人でも、ほかの人としゃべっている人がいたら、周囲の先生からも叱責が聞こえていました。学年全体で問題を取り上げていく感覚というか…。

学年主任の先生も厳しい言葉(というか、子供を下に見る言葉「赤ちゃんじゃないんだから」というような発言)が多く、なんというか、嫌な雰囲気でした。私も苦しかったし、もちろん子ども達はもっともっと苦しかったでしょう。反省。

 

二年目の今年は、子供のざわざわをある程度許容していました。

この考え方に至れたのは、今年の学年主任の影響が大きいです。

子どもを叱った後に「まったくも~」と笑顔で包み込む。愛が伝わる学年主任の指導を近くで見ていて、一年目と考え方を変えることができました。

本当に尊敬できる、素晴らしい先生です。

 

そのこともあり、二年目はむしろ、ざわざわしていて話が聞けない子供に「楽しいね~」と声をかけることもあるほどでした。ざわざわしているときに、笑顔で子供たちを見つめ、「ダンスもっともっと楽しみたいから、みんなも話を聞いてくれるとうれしいな」と言い、静かになったら、「ありがとう」。もちろん全員が聞けない瞬間はありますが、聞けない子供に対しイライラする感情は生まれませんでした。むしろ、一部の聞いていない子供たちに注目がいくというよりも、大勢の子どもと一緒に作り上げているなという感覚のほうが強かったです。

 

同じざわざわに対し、心持ちを変えるだけで、こうも変わるのかと実感しました。

 

子供との心の距離があまりにも遠かった一年目。

子供の心に共感していた二年目。

後者のほうが、私も子ども達も、楽しんで行うことができました。

 

何を言うかより、誰が言うか。

子供との心の距離が遠い人の言葉よりも、

子供との心の距離が近い人の言葉の方が、子どもは聞いてくれます。

 

いろいろな教師がいて、いろいろなリーダーシップがあるけれど、

一年目のような、問題を取り上げて指導を繰り返す管理型のリーダーシップは子供も教師も疲れるなあと思います。

もちろん必要なときはあるけれど、たまに出すぐらいがいいんじゃないかなあ。

 

これからは全てにおいて、二年目のように子供の気持ちを受け入れてある程度許容しながら、寄り添う。それでも参加しない子供がいたら、叱った後に「まったくも~」といって笑顔で包み込む。そういう指導をしていきたいです。

重松清『ファミレス』~金平糖と人生~

僕の好きな著者、重松清さんの『ファミレス』を読みました。

 

f:id:threepocari:20170507112732j:plain

 

小説の大まかな内容としては、「オヤジの友情」「夫婦関係」「FA宣言」「食の魅力」「家族の形」「人生」などなど、様々なエッセンスが詰まった一冊になっております。

読む人によって、引っかかる場所が変わるんじゃないかな。

 

その中でも、僕の心に残る素敵な場面があったので、ここで紹介したいと思います。

タイトルにもあるように、金平糖のお話です。

 

 

まず、『ファミレス下』の109ページ。

金平糖の作り方が書いてあります。

ざっと言うとこんな感じ。

     ↓

①けしの実、ザラメ、もち米を細かく砕いて粒にしたものが「核」になる。

糖蜜をかける。

③斜めになっている窯の中で、上へ下へと動かす。

※延々と②、③を繰り返す。

これにより、「核」はツノを作りながら少しずつ大きくなる。

ツノが目に見えるようになるまでに数日、直径1㎝の大きさを作るのには2週間もかかる。

 

そして、金平糖の説明が終わった後、登場人物の桜子さん(妻)が言うんです。

「人間も金平糖と同じように、一人ひとりにそれぞれ「核」があると思うの。そのひとの始まりというか、原点みたいなもの。…あなたの「核」は何?」

 

これを受けた登場人物、一博(夫)は絶句してしまいます。

彼はカッコよさを追求し、仕事一筋、スタイリッシュであることにこだわっていました。一博はなんとか声を絞り出し、桜子の質問に対してこう答えます。

「…仕事は、だれにも負けない」

 

ですが、

 

「悪いけど、それは人生の「核」じゃないと思う。…ごめん」

と、バッサリ切られてしまいます。

 

この場面には考えさせられました。

たしかに、仕事は「人生」の「核」ではないな、と。

核に後からかけられる糖蜜だよなあ、と。

じゃあ、「核」ってなんだろう…。

 

129ページで一博の「核」が分かりました。

 

 

一博の「核」は、

子供の頃に商店街でよく食べていた「ハムカツ」と「レバカツ」。

 

 

そして、「核」についてこんなことが書かれていました。

 

「核」とは、「あの頃があるから、いまがある」と思わせてくれるもの。

いまの自分が幸せかどうかは、じつは「今の自分」だけでは決められないのではないか。「いままで支えてきた自分」すなわち、過去から現在の積み重ねが、いまの自分を支え、幸せを感じさせてくれる。その積み重ねの一番奥深くにある、金平糖のけしの実のような存在が「核」なのだ。

 

さらに、172ページ。

 

けしの実の「核」に時間をかけて蜜をまぶすことで、金平糖ができあがるように、

ひとの人生だって、少年時代の「核」にオトナになってからの日々が年輪のように積み重なって、いまの自分をかたちづくっている。問題は、その自分の人生の形なのだ。

 

 

たしかに!と思いました。

そして、すべての経験は「核」に塗られていく糖蜜。塗り方も、塗る量も、どんな糖蜜を塗るのかも、自分で選べる。そうして、自分の人生がかたちづくられていく。

 

 

 

じゃあ、自分の「核」はなんだろう。自分の人生はどんな形をしていくんだろう?

考えてみたとき、自分の「核」は、

「グラウンドで流した汗」だと思いました。

 

 

たくさんの努力を重ねて、必死に頑張っていた子供時代。

当時の頑張りを無駄にしたくない。当時の思いを忘れたくない。

子供時代の自分が、今の自分を見たときに、「すげえじゃん」ってなるように。

子供時代の自分も、一緒に幸せを感じられるように。

子供時代の自分が、「えー」と思うようなやり方で、幸せを感じないように。

自分の「核」を忘れずに。

 

 

みなさんの「核」は何ですか?

勇気づけ②-勇気づけの土壌づくり-

勇気づけの記事第二弾。

前回は、子どもが自立するために勇気づけがいいよというお話でした。

なぜ勇気づけについて詳しく書いているかというと、勇気づけが、私の理想とする教師像「子どもの幸せを応援する教師」に必要不可欠だからです。

自立(自分のエンジンで動ける)できたら、幸せをつかむために動き始めることができますからね。子どもが自立できるようにはたらきかけ続けていきたいです。

なので、日々の省察は主に勇気づけができたかどうか(子どもが勇気づいたかどうか)という内容になってきます。

だからこそ、まずは勇気づけについて詳しく書いておこうと思ったんです。

自分のアウトプットも兼ねて。

 

前置きが長くなりましたが…

勇気づけの技法に入っていきたいと思います。

しかし、世の中には「何を言うかよりも誰が言うかが大切」という言葉があります。

勇気づけにもまさしくそれが当てはまります。

そのため、今回は勇気づけの土壌づくりについて説明していきます。

 

勇気づけの土壌…。それはズバリ

相互尊敬、相互信頼です。

尊敬とは、<相手も自分と同じように尊厳がある>という態度。

※子どもが相手でも上下関係になるのではなく、対等な関係だと考える。

信頼とは、<無条件に信じる>こと。

※「あの子がもう少し素直だったら」「もう少し静かにしてくれれば」というような考えはNGです。「タラ」「レバ」がある限り信頼はできていません。

えー!そんなこと言っても…。と感じることもあるかと思います。実際私も現場でよく「タラ」「レバ」を耳にします。

しかし、信頼するということは、相手の良い面も悪い面も知った上で、良い面を信じ続けることです。相手の「行動」の好ましくない点を発見したとしても、相手の「人格」を否定しない態度です。

 

これだけ聞くと聖職者にでも聞こえるかもしれません。

でもですね、この考えをもつと、自分が救われます。

暴れまわり、授業の妨害ばかり繰り返すようなやんちゃ君がいたとして、上記の考えがなければ「あの子さえいなければうまくいくのに…」という考えがよぎるかと思います。

しかし、上記の考えがあれば「あの子はこういう悪い面がある。でもその時のその場の行動が悪いだけであって、あの子自身が悪い子だというわけではない。」となります。

 

子どもを嫌う前に、自分の考え方を変える。

子どもに変わってもらうのではなく、まずは自分の考え方から変える。

大事なことじゃないかなと思います。

 

そもそも、「あの子さえいなければ…」というような「タラ」「レバ」の考えは相手に伝わります。そのような感情を抱いている人の言葉に、子どもが素直に耳を傾けるでしょうか。

子どもをどうしても命令で管理したいんだ!という人ならともかく、信頼で導きたいのならば、この考えをもつ覚悟が必要だと思います。

 

そして、相互尊敬相互信頼の「相互」ですが、大切なことがあります。

「互いに」ということは、自分と相手がお互いに尊敬し合い、信頼し合うということです。

人の心は鏡と同じで、自分のしたことや抱いている感情が自分に返ってきます。

なので、「こちらから」尊敬、信頼することが大切になります。

 

ポイントは

こちらがより早く尊敬、信頼する

こちらがより多く尊敬、信頼する

です。

 

www.amazon.co.jp

勇気づけの技法以前の、考え方のお話でした。

次回のブログでは、勇気づけの技術について述べていきたいと思います。

勇気づけ①ー勇気づけって何?ー

アドラーは、教育の目標を以下の2つで表しています。

①「自分を知ること」

「自分で自分を方向づけること」

 

自分を知ることで、<自分の役割>を見つけます。

方向づけるとは、<自分の在り方>を決定していくことです。

教育を通じて、自分にできることは何か、自分はどう生きていくのかということを考えていくことになります。

 

すると、教育で大切なのは、やはり「子どもの自立」にたどりつくかと思います。

自立とは、自分のエンジンで動くことですね。

 

アドラー心理学の勇気とは、この自立のために必要なやる気のことです。

人は、それぞれに対して、決断し、答えを出しながら人生を歩んでいます。

言い換えると、

人は、課題(困難)を克服し、解決しながら人生を歩んでいます。

 

勇気づけとは、

他者に、困難を克服するための活力をもたせるはたらきかけです。

 

とはいうものの、具体的にはどうすればいいのでしょうか。

この次の記事に続きを書きたいと思います。

 

教師の十ヶ条

「『自分にとって必要な十ヶ条』を書けば、自分がどんな人間か見えてくる」

私の大好きな松岡修造さんの言葉です(著書『本気になればすべてが変わる』)。

 

修造さんは日記に書き、毎日十カ条を見ては「大丈夫!」「できる!」と言い聞かせていたそうです。

そこで私も、大好きな修造さんを真似て、自分に足りないところ、もっと伸ばしたいところを書き出した『教師の十ヶ条』を新学期前に書き出していました。

 

それがこれです。

f:id:threepocari:20170218183100j:plain

とくに意識したいのは、一と二ですね。

自分から、より早く!より多く!たくさんの愛と信頼・尊敬・感謝を伝えていきたいと思っています。

しかし、これがなかなかむずかしい!

些細なことに対してイラっとした感情が顔を覗かせます。

実際顔を出すだけならまだしも、言葉に出してしまうこともあります。

これは問題ですよね。

 

アドラー流に言うと、怒りという感情は「自分の思い通りに相手を動かす」という目的をもったものになります。

つまり、「子どもを思い通りにするために怒る」。

これで上手くいくんでしょうか。

たしかに上手くいく場合もあるかもしれません。

…その場では。

 

しかし、子どもの将来を見据えたとき、先生に怒られたからやめた。

先生に怒られたからいうことを聞いた。先生に怒られたから…。

こういう風に育ってはほしくないんです。

だって、こういう子は先生がいない場では同じように繰り返しますから。

 

そうではなく、愛をもって「君には素敵なところがある。先生分かってるよ。」というのを伝えた上で、「この行為はよくない」と伝えてあげる。

そして、その子を信頼して「もう○○くんはやらないと思う。先生はそう信じとる。だって○○くんは□□のときみたいに優しいとこたくさんあるから」と伝えてあげる。

もちろん、その子のいいところは、その子を尊敬して(教師より下の存在として見るのではなく、自分と対等な存在として見る)いないと見つけることはできません。

そして、指導を守ってくれていたら「○○くんありがとう。先生すごくうれしいわ」と感謝を伝える。

こういった指導をしたいものです。

 

「怒る」と「叱る」は違うという話はよくあがりますね。

愛がなくて自分本位なのが「怒る」

愛があって相手を思いやっているのが「叱る」

まさにその通りだと思います。

 

私はまだまだ「怒って」しまうことがあります。

日々反省です。