勇気の灯

教育、アドラー、読書レビュー。自分も他人も勇気づける。

教師の十ヶ条(固定記事)

『自分にとって必要な十ヶ条』を書けば、自分がどんな人間か見えてくる

私の大好きな松岡修造さんの言葉です(著書『本気になればすべてが変わる』)。

修造さんは日記に書き、毎日十カ条を見ては「大丈夫!」「できる!」と言い聞かせていたそうです。

そこで私も、大好きな修造さんを真似て、自分に足りないところ、もっと伸ばしたいところを書き出した『教師の十ヶ条』を新学期前に書き出していました。

それがこれです。

f:id:threepocari:20170218183100j:plain

続きを読む

2年目教師の備忘録②【聞き方・話し方・質問】

f:id:threepocari:20171021083845j:plain

備忘録として記します。先輩から頂いた知恵です。

私が先輩になった時、後輩に伝えられるように記録を残しておきたいと思います。

 

今日は「国語の発表の進め方」について。

 

続きを読む

2年目教師の備忘録①【図工の進め方】

f:id:threepocari:20171021083941j:plain


備忘録として記します。上司から頂いた知恵です。

私が上司になった時、部下に伝えられるように記録を残しておきたいと思います。

 

今日は「図工の人物画の進め方」について。

私は今まで、先に書き方を教えてから子どもに「さあ、がんばってみよう」と任せていました。すると、子ども達の進度はバラバラ。

続きを読む

協力と慣れ合いの違い【SMARTガイドライン】

子ども達がグループで活動する機会は多いと思います。

しかし、グループでの活動は「協力」「慣れ合い」かに分かれると思っています。

 

その差はズバリ、

続きを読む

期待を明確にする

 

「何とかなるだろう」「わかってくれているはずだ」

 

自分が楽をしたいから、この考えに至る。

(信頼するからこそ至るという考え方もあるが、ここでは取り上げないでおく。)

この考えは注意が必要だ。

結局こちらの指導内容が増えてしんどくなる。

続きを読む

強みを見出し、活かす

 

学級が変わる!授業が変わる!「クラスファシリテーション」入門

学級が変わる!授業が変わる!「クラスファシリテーション」入門

 

 この本を読んでいると、後半の数ページに「ストレングス・ファインダー」が紹介されていました。職員同士、お互いの強みを知ろうねという内容でした。

どうやら自分の強みを知ることができるらしい。

え?!やってみたい!!

そう思い、すぐに書店へGO。

続きを読む

仕事の優先順位

 

最近、パワポ都道府県のフリップ音読を作り、社会の授業の最初に行っています。

音読は一体感が生まれるからいいですね。声を出すことでエネルギーも発散できるし。

その後の学習への集中力が増すような気がします。

ちなみに、お笑いコンビ「ラーメンズ」のネタを参考に作っているのですが、

かなり盛り上がってます。遊び心も大切。


【千葉!滋賀!佐賀!】 ラーメンズ

 

続きを読む