読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気の灯

アドラー心理学を教育現場に生かすための方策

このブログの目的

 このブログの目的は、私自身の自己省察です。

日々の実践がどうであるかを振り返っていきたいと思います。

その記事内容が読者の方々の目に留まり、

何らかの意義を生み出すことができたら幸いです。

 

さて、何に対して省察するのかというと、

私の理想の教師像である【子どもの幸せを応援する教師】に相応しい行動ができているかについて。

 

子どもを幸せにする教師ではありません。

子どもの幸せを応援する教師です。

ここ大事。なんといっても、幸せをつかむのは子ども自身の力ですから。

私の役目は、子どもが自分の力で幸せを掴める力をつけてあげること。

そして、ひたすら応援し、勇気づけていくことです。

 

子どもには、ひとりひとり力があります。

ただそれに、気づいていないだけ。

私は勇気づけを通して、子どもたちに、幸せになる勇気を与えていきたいと思います。

f:id:threepocari:20170218110129j:plain