勇気の灯

教育、アドラー、読書レビュー。自分も他人も勇気づける。

2年目教師の備忘録②【聞き方・話し方・質問】

f:id:threepocari:20171021083845j:plain

備忘録として記します。先輩から頂いた知恵です。

私が先輩になった時、後輩に伝えられるように記録を残しておきたいと思います。

 

今日は「国語の発表の進め方」について。

 

  「「話すこと・聞くこと」の学習のときは、話し手にも聞き手にも期待を明確にする必要がある」ことを学びました。

 

今までは話し手に重きを置いていましたが、聞き手にもっと目を向けないといけないなあ。

先輩は、「聞き方あいうえお」を提示していました。

 

「あ」相手の目を見て

「い」言ってる事に反応し

「う」うなづきながら

「え」鉛筆置いて

「お」終わりまで

 

ちなみに「話し方かきくけこ」もあります。

「か」顔上げて

「き」聞こえる声の大きさで

「く」口を大きく開け

「け」決してあわてず

「こ」言葉はわかりやすく

 

ちょっと話題は反れますが、「質問きくこよね(聞く子よね)」まであるそうです。

「き」きっかけ

「く」苦労

「こ」コツ

「よ」喜び

「ね」願い

社会科見学の前や外部講師に来てもらう前に確認しておきたい。

 

目的をもっと明確にして取り組まないとなあ。

知識不足の今では後出しジャンケンの指示になりがち。

日々省察。日々精進。