勇気の灯

教育、アドラー、読書レビュー。自分も他人も勇気づける。

教育

新卒2年目の私が研究授業に見出した価値

研究授業に対し、現場では若手が率先して引き受ける空気があるかと思います。 意欲をもち、進んで研究授業を引き受ける方もいれば、流されるままに…という方もいますよね。 そんな方々にまずは一言、 おつかれさまです!!!! 現場2年目の私も現在、全校研…

ついに完成!ビーイング!!

運動会が終わり、クラスみんなの目指す共通の目標意識が薄くなります。 これを機に「ビーイング」を作りました。 私のクラスでの「ビーイング」の意義は、「クラス目標を達成するために大切にしたいこと・具体的な行動」を明らかにすることです。 まずはクラ…

子どもを問題児にしているのは、教師の心

昨日、運動会が終わりました。 昨年は2年生、今年は4年生ということで、新卒二年目にして2回表現運動を主として経験させていただきました。 その中での気づいたことを記述していきます。 『子どもを問題児にしているのは教師の心』 二年間の表現運動で、…

教師の十ヶ条

「『自分にとって必要な十ヶ条』を書けば、自分がどんな人間か見えてくる」 私の大好きな松岡修造さんの言葉です(著書『本気になればすべてが変わる』)。 修造さんは日記に書き、毎日十カ条を見ては「大丈夫!」「できる!」と言い聞かせていたそうです。 …